メタバースSIMの良い評判~悪い口コミまでを解説!

【メタバースSIM】CMキャラクターのスギちゃんの動画を見た方も多いのではないでしょうか?
今回メタバースシムに関しての口コミや評判などを色々と調べてみましたが
良い口コミから悪い口コミまで幅広い評判を見つけました。

当サイトではあくまでも中立的な立場で嘘なく
「メタバースSIM」の真実を伝えていきたいと思います!

「メタバースシム」を契約しようかどうか迷っている方の参考になれば幸いです~!

メタバースSIMも公式サイトはコチラ!

 

メタバースSIMの基本情報

 

販売会社名株式会社 NEW LIFE MOBILE
基本料金5GB  1760円
24GB  2728円
50GB  4378円
追加料金5分カケホ   550円
15分カケホ   1375円
フルカケホ   2200円
留守番電話   330円
割込み通話   330円
チャージ(1GB) 550円
使用回線docomo
会社ホームページhttps://www.nl-mobile.jp
購入先公式サイトはこちら

メタバースSIMは家族や知人に紹介すると、基本料金が16ヶ月無料になります。
また申込特典でさらに2ヵ月延ばす事もでき、
最大18ヶ月間基本料金を無料にすることができます。
回線も安心のdocomo回線を使用していてる格安SIMで契約者を増やしています。

メタバースSIMの良い口コミをまとめました!

メタバースSIMの良い口コミを●件、中立~悪い口コミを●件を「インスタ」「ツイッター」を中心にその他ネット上からまとめてみました。

 

 

 

 

メタバースSIMのツイッターでの良い口コミ●件

 

メタバースSIMの利用者からのコメントです

現状で不自由なく使用できているとの回答でした。

使ってみないと解らないので、実際に使っている方の
コメントはとても参考になりますね!

やはり料金を「安く抑えたい」というのは
重要なポイントになりますので
利用者にとって有益なSIMだと感じますねっ^^


メタバースSIMはMNPのすべてのプランがなんと4ヶ月も無料で利用できるそうです!

新規契約の場合には2か月間になってしまうそうです。

さらに事務手数料やsim発行手数料が無料になるため、非常にお得なサービスに感じます。
また、ポイントインカム特別URL経由で4500円のポイントもらえるので、
格安SIMの中でも特におすすめのサービスと感じました♪

このTwitterでもメタバースSIMのお得感を感じるコメントが有りました!
Docomo回線のSIMカードなら、3人以上を招待すれば、
16ヶ月間無料で楽しめるというのは非常に魅力的です。

また、5G、24GB、50GBの3つのプランから選択できるのも
大きな利点だと思います。

またご利用のギガ数によって自分に合ったプランを選べるので
無駄なお金を払わなくて良いのでとても助かりますね♪





基本料金が最大18ヵ月無料にできるのは他社の御格安SIMと比べて大きなポイントと感じます!
メタバースSIMに50GBで契約している場合には、年間約77000円の割引が聞くと正直驚きが隠せませんでした^^

「お金を守ることは、お金を稼ぐことと同等の価値があるのです」とありますが
正直「身に詰まる思い」がしてしまい、自身もSIMの見直しが必要と感じさせられました><

でも3人紹介しないと対象にならないとの事なので
家族や親類に話をしてみるのも良いかもしれませんね~



基本料金が最大18ヵ月無料にできるのは正直他社の格安SIMと比べて大きなポイント感じます!
メタバースSIMに50GBで契約している場合には、年間約77000円の割引が受けられると聞くと正直驚きが隠せませんでした^^

「お金を守ることは、お金を稼ぐことと同等の価値があるのです」とありますが
正直「身に詰まる思い」がしてしまい、自身もSIMの見直しが必要と感じさせられました><

でも3人紹介しないと対象にならないとの事なので
家族や親類に話をしてみるのも良いかもしれませんね~

 



メタバースSIMのインスタグラムでの良い口コミ●件

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちずる(@chizuuu2)がシェアした投稿


こちらではメタバースSIMに今ならお申し込みで4ヶ月無料、さらに招待で16ヶ月無料で最大20ヶ月無料との口コミが有りました。やっぱりお得感が隠せない格安SIMですね♪

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まーける(@marketer512251)がシェアした投稿


「株価ランキングにも入ってくるような企業でこれから期待されています。」との口コミも有りした。
またメタバースSIMの加入特典にも触れていて、「最大18ヶ月スマホ代 20GB 2,728円が無料になる!」との口コミも!全国にメタバースSIMが拡散中!メッタメタメッタメタメタバース!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

りーまん👔|副業と節約|格安スマホ📳|(@riman_1452)がシェアした投稿


こちらでは「3GBで使いたい方におすすめの格安simを紹介します!」という口コミも~
「乗り換えを検討している方は必見です!端末も同時に申し込むとポイントバックのキャンペーンも実施中!!」とメタバースSIMに関してコメントをしています~♪ 

 

 

メタバースSIMのその他ネット上の良い口コミ

「【メタバースSIM】は、他のメーカーと比べて50GBという大容量で、耐荷重も大きく、これらの点が魅力の一つです。通信データが残っても翌月に繰り越し可能で、無期限で利用できるのも魅力的な点です。

また、「メタバースSIM」は、招待制の料金システムを採用しており、2人以上の友人や知人を招待することで、基本料金が16ヶ月無料になるという特典があります。

通信回線にはドコモの回線を利用しているため、通信速度が早く、安定感があります。これらの点が特徴となっており、安心して申し込みができます。」

と言った内容の口コミ等をSNSや各ネット上で見つける事が出来ました。
各社より多くの格安SIMが提供されていますので、ご自身の使用状況や利用条件などに合っている製品を探すのが良いと思います。

当サイトの書き込みをご覧いただき、判断材料のお手伝いができれば嬉しいです!

 

メタバースSIMの中立~悪い口コミを●件まとめました!

 

やはり回線スピードは使用者が集中する時間帯は
格安SIM全般的に遅くなってしまう傾向が有りますねっ!

土曜日のこの時間帯は場所にもよると思いますが
スピードに関しては仕方がない範囲内なのかもしれません。


気になる口コミが有りましたのでチョットご紹介したいと思います~

メタバース単語とマルチ商法に関して少し理解不足の様でしたので、ご案内いたしました♪
気になった方は、下記の「メタバースの語源に関して」と「マルチ商法に関して」をのみていただけたらと思います。

また「マルチ商法」に関しても同じく認識不足用で下ので気になった方は下記の「マルチ商法に関して」を見ていただけたらと思います。

国内で事業を行ている以上許可を得て営業を行っています。
近年はSNS等の普及も有り、公での発言等が手軽にできるようになったことはありがたい事なのですが誤った発言などもおい事も事実です。

健全な事業を行っている企業に対して誹謗中傷、悪口等を安易に発信してしまうと
企業から訴えられてしまう危険性があります。
最悪は損害賠償請求を求めらてしまう可能すらあります。

書き込みを行った方が間違に気づき、訴えられてしまう前にSNSの訂正をされると良いですが・・・
また企業側も書き込んだ側が勘違いしている事も理解していると思いますので
事態を荒立てたりすることなく寛大なご対応をしていただけると感じています。ww

気になった方は、下記の項目をクリックできますので
のぞいてみて下さい(^^♪

 

1.メタバースとは 語源に関して

メタバースとは、一言でいうと「仮想空間」です。インターネット上に構成される3次元の世界で、私たちはアバターと呼ばれる自分の分身を介し世界に入ります。

メタバースのポイントは現実世界に限りなく近い状態で活動できることです。現実世界と同じく常に時間が流れ続けている世界で、私たちはアバターを動かして遊んだり集まってミーティングをしたりできます。Web上の空間で社会生活を送れるのです。

メタバースの語源は「超越」を意味する「Meta」と「世界」を意味する「Universe」です。1992年に発表されたニール・スティーブンソンのSF小説「スノウ・クラッシュ」の世界から名づけられました。

メタバースは新しい概念とされがちですが、その先がけともいわれる3次元仮想空間「Second Life」は2003年にリリースされ、日本でも2006年ごろにブームとなりました。仮想空間におけるユーザー同士のコミュニケーションや売買取引は、すでに2000年代でもみられています。

【メタバースの語源を教えて】

「メタバース (metaverse)」という言葉は、SF作家のNeal Stephenson氏が1992年に出版した小説『電脳神話』(Snow Crash)で初めて使われました。小説中では、メタバースは仮想現実の世界であり、現実世界とは別個の存在であることが描かれています。

この言葉は、”meta-” と “universe” を組み合わせたものです。”meta-“は、「上位の、抽象的な、あるいは広範囲にわたる」という意味を持ち、”universe”は「宇宙、世界、領域」を意味しています。つまり、メタバースは、現実世界よりも上位の、より抽象的な、あるいは広範囲にわたる仮想現実の世界を表す言葉となっています。

 

2.メタバースという言語は特定の物事をさしますか?

「メタバース (metaverse)」という言葉は、一般的には仮想現実技術を利用した、人々が仮想空間上で自由に活動することができるようになる未来のデジタル世界を指すことが多いです。これは、仮想現実技術や拡張現実技術、ブロックチェーン技術などが進化し、現実世界と同等のリアルな体験ができるようになった場合に実現することが期待されています。

ただし、現時点ではまだ、メタバースという言葉の定義や範囲については明確に定まっていない部分もあります。そのため、一部の人々や企業が、自社のプロジェクトや製品に「メタバース」という言葉を使っていることもあります。ただし、このような場合には、具体的にどのような仮想現実技術やサービスを提供しているのか、その範囲や特徴は異なる場合があります。

 

3.マルチレベルマーケティング(マルチ商法)のマーケティング手法とは?

マルチレベルマーケティング (Multi-Level Marketing, MLM) は、製品やサービスを販売するためのマーケティング手法の一つで、個人が製品やサービスを販売すると同時に、その販売力を活かして新たな販売員を募集し、彼らからの売上げによって報酬を得る仕組みです。

マルチレベルマーケティングの主な特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  1. 直接販売: 製品やサービスを販売員が直接顧客に販売することが一般的で、通常の小売店舗を介さずに、直接個人の手で販売されます。

  2. ネットワーク形成: 販売員は、自身のネットワークを構築していくことが求められます。つまり、販売員は、自分自身が製品やサービスを販売するだけでなく、新たな販売員を募集し、彼らを自分の下に位置づけて報酬を得ることができます。

  3. 階層構造: 販売員が新たな販売員を募集した場合、新たに募集した販売員は、元の販売員の下に位置づけられます。このように、販売員は、階層構造を形成することができます。

  4. 投資販売員への報酬: 販売員が新たに募集した販売員からの売上げに対して、元の販売員は報酬を得ることができます。また、その下の階層の販売員が新たな販売員を募集した場合、さらに報酬を得ることができます。

マルチレベルマーケティングは、製品やサービスの販売力を高めるために有効な手法の一つですが、違法行為や詐欺の温床になることもあるため、注意が必要な場合があります。

 

4.マルチレベルマーケティング(マルチ商法)は企業側と消費者側にどんな利点があるマーケティングですか?

マルチレベルマーケティング (MLM) には、企業側と消費者側の双方に利点があると言われています。以下に、その利点を説明します。

企業側の利点:

  1. 販売力の強化: MLMでは、多数の販売員が製品やサービスを販売するため、広告宣伝費用を抑えながら、販売力を強化することができます。
  2. 営業エリアの拡大: 販売員が自らのネットワークを構築することで、営業エリアを拡大することができます。
  3. コミュニティの形成: 販売員が自らのネットワークを構築することで、ファンや信奉者を生み出すことができ、ロイヤルティを高めることができます。
  4. 製品の開発: 販売員からのフィードバックを受け取ることで、製品の改善や新製品の開発につなげることができます。

消費者側の利点:

  1. 品質の高い製品やサービス: MLMでは、販売員が製品やサービスを直接販売するため、品質の高い製品やサービスを提供することができます。
  2. 個人的なサポート: 販売員が顧客の要望に応じた個人的なサポートを提供することができます。
  3. 副業のチャンス: MLMに参加することで、副業として収入を得ることができます。
  4. 自己啓発の機会: MLMでは、販売員がリーダーシップや販売技術などを学ぶことができ、自己啓発の機会となることもあります。

ただし、MLMに参加する側には違法行為や詐欺のリスクを持った営業を行っている者もいる場合もあるため、参加する前によく調べて判断することが重要になってくる場合も有ります。

 

5.マルチレベルマーケティングは日本では合法的なマーケティング手法ですか

マルチレベルマーケティング(MLM)は、日本においても合法的なマーケティング手法です。ただし、MLMにおいては、違法行為や詐欺行為を行う悪質な業者や参加者が存在するため、消費者が被害に遭うことがあります。

日本では、MLMに関して消費者の保護を目的として、法律である「特定商取引に関する法律」や「景品表示法」が定められています。これらの法律には、消費者に適切な説明義務があることや、景品表示において誤解を招かないことが求められています。また、消費者庁や国民生活センターなどの公的機関が、MLMに関する相談や調査を行っているため、消費者が安心して利用することができるようになっています。

しかし、違法行為や詐欺行為を行う者が存在するため、消費者がMLMに参加する場合には、正しい情報を得て、自己判断することが重要です。また、消費者が被害に遭った場合には、消費者庁や国民生活センターなどの公的機関に相談することが重要です。

 

6.MLMは違法行為や詐欺のリスク、温床になってしまうのなぜ?

MLMが違法行為や詐欺のリスクがある理由は、以下のような要因が挙げられます。

  1. ピラミッド型構造: MLMは、上位の販売員が下位の販売員を募集し、上位の販売員が下位の販売員から得た収入によって報酬を受け取るピラミッド型構造をとっています。この構造は、違法行為である「ピラミッド商法」と区別がつかなくなり、詐欺行為の温床になる可能性があります。

  2. 誇大広告: MLMは、多くの場合、商品やサービスの効果や収入の可能性を誇大する広告を行うことがあります。このような誇大広告は、消費者を騙し、詐欺行為につながる可能性があります。

  3. ネットワーク構築のプレッシャー: MLMに参加する販売員は、自分自身のネットワークを構築するため、家族や友人、知人などを誘うことがあります。しかし、プレッシャーをかけることで、相手を追い詰める行為につながり、詐欺行為につながる可能性があります。

  4. 販売員の不適切な行動: MLMに参加する販売員が、商品やサービスの誇大広告を行ったり、ネットワーク構築のために違法行為を行ったりすることがあります。これらの行動は、法的問題を引き起こす可能性があり、詐欺行為につながる可能性があります。

以上のような理由から、MLMが違法行為や詐欺のリスクがあるとされています。消費者や販売員が、正しい情報を得て判断し、法的な問題を避けるためにも、注意深く取り組む必要があります。

 

 

7.消費者庁や国民生活センターのポスター https://www.caa.go.jp/publication/pamphlet/pdf/120712pamph.pdf を見ると、まるでマルチ商法が詐欺の様に表現されているように感じてしまいますが!

消費者庁や国民生活センターなどの公的機関は、消費者の権利を守るために様々な情報提供や啓発活動を行っています。その中には、マルチレベルマーケティング(MLM)が違法行為や詐欺のリスクがあるということを説明するポスターやパンフレットも含まれています。

しかし、これらの情報がマルチ商法が詐欺であるかのように表現されている場合があることも事実です。これは、一部のマルチ商法が違法行為や詐欺行為を行っていることがあるため、公的機関が消費者を守るために警告を出す必要があると判断した結果であり、誤解を招く意図はないと思われます。

ただし、マルチ商法が必ずしも詐欺であるわけではなく、正当なビジネスモデルであることも事実です。消費者が適切な情報を得て、判断をすることが最も大切です。また、消費者庁や国民生活センターなどの公的機関には、詐欺被害の相談窓口もありますので、被害に遭われた場合は相談することも重要です。

 

8.消費者庁 国民生活センターなどのポスターを見ると、マルチ商法=詐欺と言っている様に見えるのですが・・・

消費者庁 国民生活センター で行っているのは、マルチ商法を詐欺行為のために利用する悪徳販売業者が多くいるという事を提言しています。

マルチ商法事態は国が認めている、健全なマーケティング手法です。
知らないと自分が損をしている可能性もあります

マルチレベルマーケティング MLM 訳してマルチorマルチ商法等と言われています。

話を戻しますが、マルチ商法と聞くと悪い事(詐欺行為)を連想してしまうのではないでしょうか?
かつて自分も同じでした。

しかしマーケティングに関して調べる機会があり、マルチレベルマーケティングには実は消費者側と販売側の両社に大きな利点があることが分かりました。

販売社側は、TV,ラジオ、新聞、雑誌等のマーケティングに大きな予算を使わずに、安価に効果的なマーケティングをする事が出来る事。

大きな予算を削減する事で、商品コストを抑える事が出来、消費者側は良い商品を安い価格で手にする事が出来るのです。

またその商品を気に入り、自らが販売して利益を得ることもできるのです。
企業側にも消費者側にも利点があると言えます。

ではなぜマルチ商法=詐欺と思われているのかについてですが、
先程お伝えした通り、消費者側も三時から販売し利益を得ることが出来るとお伝えしましたが、
大きな利益を得たいと、法律ぎりぎりでの販売方法を行ったりまたは法律に反する販売方法を行ってしまう事が問題になっている訳です。

方仮に企業側が、販売者側に法律に反する行為を強要している場合は別ですが
ほぼ企業側がkyぽうようしている事はありえないはずです。

先いもお伝えしたとおり、マルチ商法=詐欺 ではなく
消費者側が多筋あ利益を上げたいばかりに、マルチ商法のビジネスを悪用して
詐欺行為=犯罪を行っている事が問題になって いると言ったところが
現状の問題点で有り、マーケティング手法にマルチ商法を使って事業展開おしている
企業側が詐欺行為=犯罪 を行っている訳では無い事を理解していただきたと思います。

世の中にはマーケティングにマルチ商法を利用していて、非常に魅力的な商品を取り扱っている
健全な企業は沢山あります。

自己の浅はかさゆえ、自らチャンスを逃していてはもったいないのではと感じています。ww

 

9.消費者庁や国民生活センターの対応をもう少し考えてもらわないとMLMのイメージは払拭されない気がします

MLM(多層式販売法)は、消費者にとってリスクが高く、不当な勧誘や不正なビジネスモデルが横行していることが問題となっています。消費者庁や国民生活センターは、こうした問題に対応するために、様々な取り組みを行っていますが、さらなる改善が求められるということですね。

具体的には、消費者庁や国民生活センターは、以下のような取り組みを行っています。

・MLM関連の情報提供や啓発活動の実施 ・MLM関連の苦情や相談の受付・調査・対応 ・不当表示や不正勧誘などの違法行為に対する取り締まり

しかし、これらの取り組みだけでは、完全にMLMの問題を解決することはできません。より効果的な対策のためには、消費者側に対する教育や啓発活動の強化、不当な勧誘や不正なビジネスモデルについての法的規制の強化、企業側に対する監視体制の充実などが必要とされます。

また、消費者庁や国民生活センターは、一部のMLM企業が合法的なビジネスモデルであることも認めており、適切な取り締まりとともに

「https://www.caa.go.jp/publication/pamphlet/pdf/120712pamph.pdf」このポスターを見る限りマルチ商法自体が全て詐欺だっと言っているように見え、ましてこのポスターを見たすべての人が、またそのように勘違いしてしまうような内容に見えます。この件に関して消費者庁や国民生活センターは何も感じていないのはおかしくありませんか?

 

 

10.MLM販売側が注意しなければならない事は
MLM販売員が注意しなければならないことは、以下のようなものがあります。• 商品やサービスについて虚偽の情報を提供しないこと• 勧誘方法について法律を遵守すること• 連鎖販売取引に関する法律を遵守すること• 販売員自身が商品やサービスを購入することは、強制されている場合を除き、避けるべきである

 

 

MLM販売員が注意すべきこととして、以下のものがあります。

  1. 顧客への誠実な関係を築く必要があります。詐欺的な販売技術を使用することは禁止されています。

  2. プライバシーの侵害を行わないように注意してください。顧客の情報を収集してはいけません。

  3. 偽りの評価や評判を作らないでください。正直な評価を収集して、製品の質を改善することが重要です。

  4. 製品の特性と利点を正確に理解してください。顧客が製品を購入する前に、製品に関する正確な情報を提供する必要があります。

  5. 顧客が何を求めているかを理解してください。顧客が何を求めているかを理解し、製品を適切に提供する必要があります。

 

11.MLM販売員が詐欺行為を行うのは何故?
MLM販売員が詐欺行為をする理由は、以下のようなものがあります。• 報酬を得るために、商品やサービスについて虚偽の情報を提供すること• 勧誘方法について法律を遵守しないこと• 連鎖販売取引に関する法律を遵守しないこと• 販売員自身が商品やサービスを購入することは、強制されている場合を除き、避けるべきである

 

。ただし、MLM販売員全員が詐欺行為をしているわけではなく、多くの人々が正当なビジネス活動を行っています

 
MLM販売員が詐欺行為をする理由は、儲かると思っているから、自分の利益を追求しているから、他人に影響力を持ちたいから、などがあります。ただし、勧誘の際に相手をおどしたり、不安にさせたりする行為は禁止されています

 

 
 

 

 

 

 

12.日本では日本消費者庁や国民生活センター等の呼びかけ等を見る限り、マルチ商法全体が詐欺と思ってしまう様な表現方法をしています。よって多くの国民もマルチ商法自体が詐欺だと思っている節がありますが、また健全な企業までもがマルチ商法のマーケティングを活用していると詐欺と思われてしまう傾向にありますが、どう思いますか?

マルチ商法は、一部の企業が不当な勧誘や詐欺的な行為によって消費者を騙すことがあるため、消費者にとっては警戒すべきものであることは事実です。しかし、全てのマルチ商法が詐欺であるわけではありません。正当なマルチ商法は、商品やサービスを提供するビジネスモデルであり、法律に則って運営されている場合があります。

消費者庁や国民生活センターは、消費者を不当な勧誘や詐欺的な行為から守るために、マルチ商法に対して警告や指導を行っています。しかし、その表現方法が消費者に誤解を与える可能性があることも事実です。

健全な企業がマルチ商法のマーケティングを活用すること自体は、問題ありません。ただし、正当なマルチ商法であることを明確にし、消費者に適切な情報を提供することが重要です。消費者は、自己責任で情報を収集し、正しい判断をする必要があります。企業も、消費者に対して誠実であることが求められます。

「https://www.caa.go.jp/publication/pamphlet/pdf/120712pamph.pdf」このポスターを見る限りマルチ商法自体が全て詐欺だっと言っているように見え、ましてこのポスターを見たすべての人が、またそのように勘違いしてしまうような内容に見えます。この件に関して消費者庁や国民生活センターは何も感じていないのはおかしくありませんか

私たちは、日本消費者庁や国民生活センターがこのポスターについてどのように感じているかを知ることはできません。ただ、このポスターがマルチ商法に関するものであることは事実です。マルチ商法は、正当なビジネスモデルである場合もありますが、一部のマルチ商法は詐欺的であり、消費者が不当な金銭を支払うことにつながることがあります。消費者庁や国民生活センターは、消費者が被害を受けないように、不当な勧誘や詐欺的な行為に対して警告を発し、消費者に正しい情報を提供することに注力しています。ただし、ポスターの表現方法については、個人の解釈や意見があるため、全ての人が同じように理解することはできない場合があります。

実は以上のような事が有りますので、固定観念で物事を判断するだけでは危険もあるのですね
色々と見分を深めていかなければいけない事が認識できました。

メタバースSIMの口コミまとめ

 

 

https://youtu.be/6pEP82eA3N0

「メタバースSIM」には、最大で18ヶ月間無料で利用できるという大きな特典があり、その点は魅力的に感じるかもしれません。しかし、サービスを利用する際には、デメリットや注意点も存在するため、慎重に検討することが必要です。

【メタバースSIMのお問合せ先】
メタバースSIMに関する問題が発生した場合、どのように問い合わせれば良いのかお伝えしておきます。

メタバースSIMは実店舗を持たず、オンライン上での問い合わせが必要です。

問い合わせ方法は、電話またはお問い合わせフォームの2種類があります。状況に応じて適切な方法を選択してください。
メタバースSIM公式サイト:お問い合せフォーム
電話番号:0800-300-6063 (受付時間:9時~18時まで年中無休:年末年始を除く)

 

 

 

https://twitter.com/wild_sugichan/status/1522174498727882752

スギちゃんノTwitterでのつぶやきも、こちらでご紹介しておきますね~♪


メタバースSIMをおすすめしない人

  • docomo回線のエリア外に居住の方
  • 店頭でのサポートが必要な方
  • 同一名義で2回線以上必要な方
  • 支払いはクレジットカードとなるためクレジットカードが無い方
  • 契約後12ヵ月以内に解約をする方(解約金が発生する為)
  • お得な料金プランへの見直しをしたくない方 ww

 

メタバースSIMをおすすめする人

  • 現在のご利用料金に不満を感じている方
  • オンラインでの手続きが可能な方
  • 同一名義で2回線い所契約する必要が無い方
  • クレジットカードカード決済が可能な方
  • 契約後12ヵ月以内に解約しない方(解約金が発生する為)
  • オンラインサポートに抵抗のない方
  • 友達紹介プログラムに参加してお得な料金で使いたい方

メタバースSIMも公式サイトはコチラ!


メタバースSIMの販売会社情報

 

販売会社名株式会社 NEW LIFE MOBILE
販売会社住所愛知県名古屋市千種区今池5-1-5 名古屋センタープラザビル 12階
販売会社ホームページhttps://www.nl-mobile.jp

メタバースSIMも公式サイトはコチラ!

日本におけるMLMのエビデンスを教えて下さい

MLM(マルチレベルマーケティング)は、直接販売ビジネスモデルの一種であり、ネットワークビジネス、チームビルディング、リフェラルマーケティングなどとも呼ばれています。日本でもMLMに関連する企業が多く存在していますが、MLMのエビデンスに関しては論争があります。

一部のMLM企業は、高い収益やビジネスチャンスを約束し、製品やサービスを販売することによって収益を得ることができます。一方で、一部のMLM企業は、ピラミッド型のスキームに関連していると見なされ、不正行為や偽りの情報が含まれている可能性があります。

MLMに関する研究やデータは限られており、その効果に関しては議論の余地があります。MLMは、製品やサービスの販売を通じて、消費者に製品を紹介するためのビジネスモデルであるため、一部の企業は成功を収めています。しかし、多くのMLM企業は、新規メンバーの参加を促し、多額の投資を要求することがあるため、そのビジネスモデルが健全であるかどうかについては疑問が残ります。

そのため、消費者がMLMに参加する前に、企業に関する情報を収集し、よく考えることが重要です。また、MLM企業に参加する前には、専門家のアドバイスを受けることもおすすめします。

 

LMLが合法的なビジネスモデルという説明をして!

LML(マルチレベルマーケティング)は、直接販売ビジネスモデルの一種であり、製品やサービスの販売を通じて収益を得ることを目的としています。LML企業は、多くの場合、製品の品質や価値を高めることに焦点を当て、販売員による製品の紹介や販売を通じて収益を得ることができます。

LMLは、多くの国で合法的なビジネスモデルとして認められています。LML企業は、一般的に法律に準拠し、製品の品質を高めるために努力し、正当な販売員の募集方法を取り入れています。

LML企業は、販売員が製品の販売や紹介を通じて収益を得ることができるため、個人の努力やスキルに応じて収益が上がることが特徴です。また、LML企業は、新規販売員を募集する際に、適切な説明やトレーニングを提供し、販売員の成長を促進することがあります。

ただし、LML企業の中には、不正行為やピラミッド型のスキームに関連している可能性がある企業もあります。消費者は、LML企業に参加する前に、企業の背景や製品、販売員の募集方法などについて、よく調べることが重要です。

総じて言えることは、LMLが合法的なビジネスモデルである一方で、違法なスキームや詐欺的な行為に関連している場合もあるということです。消費者は、よく調べた上で、自分に合ったLML企業に参加することが重要です。

 

MLMとマルチ商法の違いを説明して下さい

MLM(マルチレベルマーケティング)とマルチ商法は、両方とも直接販売ビジネスモデルの一種ですが、違いがあります。

MLMは、製品やサービスの販売を通じて収益を得ることを目的としているビジネスモデルであり、販売員が製品を紹介し、直接販売することで報酬を得ることができます。また、販売員が新しい販売員を募集し、彼らの販売活動に関与することで報酬を得ることもできます。重要な点は、報酬は製品の販売によって生じるものであるため、法律上の問題はなく、多くの国で合法的なビジネスモデルとして認められています。

一方、マルチ商法は、新規参加者からの入金を前提とした収益モデルです。新規参加者は、高額な入会費を支払い、他の参加者を募集し、入会費を回収することで収益を得ることができます。この場合、報酬は参加者の募集によって生じるものであり、製品の販売には関与しないため、法律上の問題が生じる可能性があります。多くの国では、マルチ商法は違法とされています。

簡単に言えば、MLMは製品の販売を目的としたビジネスモデルであり、報酬は製品の販売によって生じるものであるのに対し、マルチ商法は参加者の募集によって収益が生じるものであり、法律上の問題がある場合があります。