うっかりミスを防ぐために

自動車を運転していると、うっかりミスをしてしまう時があります。うっかりとは言えど、重大な違反をしてしまう可能性もありますので、気を付けなければなりません。どういう事例があるのかと言いますと、シートベルトの着用を忘れてしまう事や、ハザードランプを付けたまま駐車場を後にしてしまうなど、数え切れない程に小さなミスは日常に潜んでいます。こういうミスを防ぐためには、確認する事が必要です。自動車に乗り込んだ時は、きちんとシートベルトをしているか、ガソリンは入っているか、夜間でしたら、ライトは点灯しているかなどです。発進する前に、これらを確認するだけで、ミスを減らす事が出来ます。自動車を駐車した後は、サイドブレーキを引いたか、ライトを消灯したか、自動車から降りた後は、鍵をきちんと閉めたかなど、確認する必要があります。また、近頃では、シートベルトをせずに発進するとブザーが鳴って知らせてくれるなどの機能が備わっている自動車が多く販売されています。心配な方は、こういう機能が備わっている自動車の購入をオススメします。この様に、ミスをしやすい事があるので、毎日の確認を習慣付けて、安心安全なカーライフを送って下さい。

Comments are closed.