よくある閉じ込み理由

最近ではリモコンロックやスマートキーのおかげで少なくなってきたカギの閉じ込みですが、 カギを差し込んでエンジンをかけるタイプであれば、まだまだしてしまう可能性があります。 これらの事故はどう言う理由で起きるのでしょうか。

まず、カギを車内に閉じ込めてしまうのはカギが車内にある理由がある時に起き易くなります。 つまり、エンジンをかけたままで何らかの理由で車外に出た時などに起こりやすいのです。

例えば、運転中に携帯電話がかかってきて路肩に寄せて電話に出るとします。 この際にわざわざエンジンを切る人は少ないでしょう。そして、電話が長引くにつれて、 車内にいることが窮屈になり、何かの弾みで車外に出たときに無意識のうちに、 ドアを施錠してしめてしまうことで、カギが車内に閉じ込められてしまうと言うことがあるのです。 これは最近に限ったことではなく、一昔前の公衆電話からかけていた時代からある事故で、 ついつい2-3分で終わる話だからとエンジンをかけたまま車外に出て、そのままカギをかけてしまった、 なんてことはよくある話でした。

また、もう一つ良くある理由としては目的地を探していると時に目的地の目印となるものを探すため、 車外に出た時に思わず、ドアをロックして閉めてしまいカギが閉じ込められてしまった。 このようなパターンも良くある状況のひとつです。

 

 
ガリバー 評判
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.