早く出ようとする

車のキー閉じ込み、皆さんもやってしまった事はないですか?
ロードサービス出勤件数の統計を取ると、車のキー閉じ込みはそのほとんどが車の問題ではなく、人為的なミスによるものです。
その中でも上位の理由に挙げられるものが、「慌てて早く出ようとして、インロック状態にしてしてしまった」という理由です。
心理上、急いでいると、いつもなら無意識のうちにこなすことのできる一連の動作が中断してしまうため、ヒューマンエラーが起こりやすくなるという事が統計上明らかになっています。
昔のようにキーやドアのノブの操作で開閉をしなくなり、電子キーが普及してからは閉じ込みの件数は大きく減少しましたが、更なる技術の進化によりインテリジェンスキーが導入されてから、再びキー閉じ込みは増加傾向にあります。
技術が発達しても、ヒューマンエラーを完全にゼロにすることは難しいです。キー閉じ込みを防ぐためには、原始的な方法ですが、何があっても必ずキーをもって車外に出るくせをつけること、スペアキーを用意しておくことが肝心ではないでしょうか。
あとは、万が一の事態に備えて、JAFのロードサービスの電話番号をあらかじめ調べてメモしておくと便利ですが、もちろん、電話をかける事態は無いに越したことがないですね。

Comments are closed.