Author Archive

スペアキーを携帯するか、車外のどこかに隠す。

車のトラブルの中で多いのが、オーバーヒート、パンク、そして鍵の閉じ込みと言ったものです。 オーバーヒートを防ぐためには、冷却液の量を確認したり、こまめにエンジンをとめるなどの対策が効果的です。 パンクを防ぐためには、タイヤの空気圧をチェックするなどの日常点検をすることが効果的。 では、鍵の閉じ込みを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

基本的には、鍵は確実に車外からロックをするというのがあります。 鍵を鍵穴に差し込むにしても、リモコンでドアをロックするにしても、確実に車の外にでてから行うのが基本的なものとなります。

それでも、どうしても鍵を閉じ込めてしまうということもあるかと思います。 そんなときには、スペアキーが効果的です。 バッグの中などに、スペアのキーを携帯しておくのです。 しかし、そのバッグすら車の中に忘れてしまったという場合にはどうすればいいのでしょうか。 そういったときには、スペアのキーを車外のどこかに隠しておくという手があります。 カー用品店などに行きますと、スペアのキーを入れるケースがあり、それには磁石がついております。 ですので、車のそこにこのキーケースを取り付けておけば、そうそう人にばれる心配もありません。

ロックするときは必ず鍵を用い車外からロックする事を習慣づける。

自動車のトラブルというのは結構あります。 日本の自動車に関する連盟というのがあるのですが、そこではそういった車のトラブルに対して迅速に出動をします。 トラブルの内容には様々なものがありますが、その中でも比較的多いのが、パンク、オーバーヒート、そして鍵の閉じ込みです。 パンクやオーバーヒートに関しては、車のメカニカルな部分のトラブルのですので、なかなか対応が難しいことでしょう。 しかし、カギの閉じ込みは完全なるヒューマンエラーであり、対策の取りようというのはいくらでもあります。

では、どのようなことをすればいいのでしょうか。 それは簡単なことです。 車外から確実にロックをすることです。 よく、車のドアについている鍵を締めたあと、ドアノブを引きながらドアを閉めて鍵を閉める人がいますが、あれは非常にまずいことです。 この方法ですと、鍵が車の中にあったとしても鍵を閉めることができるからです。 ですので、車外から鍵を閉めるようにしましょう。

小さいお子さんが車の中にいて、うっかり閉めてしまったということもよくあります。 そんなときでも、車外から簡単に鍵を開けられるように、バッグなどにスペアキーを入れておけば、安心確実となります。

うっかりミスを防ぐために

自動車を運転していると、うっかりミスをしてしまう時があります。うっかりとは言えど、重大な違反をしてしまう可能性もありますので、気を付けなければなりません。どういう事例があるのかと言いますと、シートベルトの着用を忘れてしまう事や、ハザードランプを付けたまま駐車場を後にしてしまうなど、数え切れない程に小さなミスは日常に潜んでいます。こういうミスを防ぐためには、確認する事が必要です。自動車に乗り込んだ時は、きちんとシートベルトをしているか、ガソリンは入っているか、夜間でしたら、ライトは点灯しているかなどです。発進する前に、これらを確認するだけで、ミスを減らす事が出来ます。自動車を駐車した後は、サイドブレーキを引いたか、ライトを消灯したか、自動車から降りた後は、鍵をきちんと閉めたかなど、確認する必要があります。また、近頃では、シートベルトをせずに発進するとブザーが鳴って知らせてくれるなどの機能が備わっている自動車が多く販売されています。心配な方は、こういう機能が備わっている自動車の購入をオススメします。この様に、ミスをしやすい事があるので、毎日の確認を習慣付けて、安心安全なカーライフを送って下さい。

混雑した状況

とじ込みをしてしまうという理由としては、やはり精神状態が焦っているような時などに起こりやすいということがあります。
集中力を欠いてしまう、いつもの動作をすることができなくなってしまっていたというようなことがある際には、周囲の状況がいつもとは違っていたり、混雑していて回りのことに気持ちや視線がいってしまっていたという場合があるのです。
また停車場所は危ない場所だったというように、気が付いた時に車から出てから気づいた際に、すぐに移動をしたいという事や、場所を変更しようというように気が焦ってしまうということも考えられます。
鍵というのは最近は特にキーレスエントリーなど便利なものが出てきているのでそういったものに寄り添って生活をしていると、トラブルがあった時の気持ちの動揺というのはかなりのものとなるはずです。
できるだけ落ち着いて一つ一つの動作を点検しながら運転をしたり、乗り降りをするというような作業が出来る様に停車場などの状況などを見定めて判断して行くようにするというのも大事なポイントになるのではないでしょうか。
普段はできていても、トラブルというのはいつもと違った状況におかれることによって発生しやすくなるということを覚えておきましょう。

早く出ようとする

車のキー閉じ込み、皆さんもやってしまった事はないですか?
ロードサービス出勤件数の統計を取ると、車のキー閉じ込みはそのほとんどが車の問題ではなく、人為的なミスによるものです。
その中でも上位の理由に挙げられるものが、「慌てて早く出ようとして、インロック状態にしてしてしまった」という理由です。
心理上、急いでいると、いつもなら無意識のうちにこなすことのできる一連の動作が中断してしまうため、ヒューマンエラーが起こりやすくなるという事が統計上明らかになっています。
昔のようにキーやドアのノブの操作で開閉をしなくなり、電子キーが普及してからは閉じ込みの件数は大きく減少しましたが、更なる技術の進化によりインテリジェンスキーが導入されてから、再びキー閉じ込みは増加傾向にあります。
技術が発達しても、ヒューマンエラーを完全にゼロにすることは難しいです。キー閉じ込みを防ぐためには、原始的な方法ですが、何があっても必ずキーをもって車外に出るくせをつけること、スペアキーを用意しておくことが肝心ではないでしょうか。
あとは、万が一の事態に備えて、JAFのロードサービスの電話番号をあらかじめ調べてメモしておくと便利ですが、もちろん、電話をかける事態は無いに越したことがないですね。

他の考え事

最新型のドアロックシステムであれば心配は無用かもしれませんが、現役で走っている自動車には、降車時にエンジンのスタータからキーを引き抜いて、ドアを閉めてからそのキーでロックするタイプがまだまだ多数存在します。あるいは後部トランクを明けて、雑然とした荷物の中から必要なものを取り出そうとするとき、手にしていたキーをトランク内においたまま閉めてしまった、というミスもありそうです。

こうしたミスをする人は、ある種の癖があって注意力が散漫になってしまうので、もうコリゴリだと思っても同じミスをしてしまいます。しかし普段は慎重な人でも、なにかの拍子にこのようなミスをおかすこともあります。例えば、仕事、家族や予定などの考え事をしていたときです。仕事のはかどりがはかばかしくなく、休日だと言うのに前の週の仕事の出来映えの悪さに落ち込み、休み明けにはマイナスからスタートで予定が遅れ、せっかくの家族サービスにも気がそぞろであったときなどです。このような状態では心身共に疲れていたという事情もありそうです。また運転中何か気がかりなことや、心配ごとがあった、ということもあるでしょう。

こうした背景があると、単にキーの閉じ込みだけではなく、不注意な運転から重大事故を起こさないとも限りません。車は便利で快適ですが、事故を起こせば自分や家族あるいは他人の生命さえ脅かす危険なものになってしまいます。様々な不安要素があると、振り返ってみて自分が疲れていたと感じることがあるはずです。キーの閉じ込みくらいであれば安いものです。この些細なミスを反省の糧とし、そのミスの積み重ねの先にある重大事故を回避しなくてはなりません。

次の考え事

カギの閉じ込み気をつけてはいても、ついうっかりやってしまうことがあります。 では一体どのような場合に閉じ込みは起きやすいのでしょうか。

まず良くある理由の一つとして車外に何か気になる人や物があった時です。 例えば、駐車場などで後ろに人影やポールなどがあった場合、確認のために車から降りることがあります。 しかし、このような場合ですとエンジンをかけたまま車外に出ることが多く、 いつもの感覚で施錠してしまうことで閉じ込みが起きてしまうのです。

次に良くあるのが、クルマを離れてからその次にすることについて、何か考えていた時です。 予定などが詰まっている時に一度車外に出てクルマを離れてからその次にすることについて、何か考えていた場合、 無意識のうちにドアを施錠してしまうことがあります。 そのような場合、無意識なだけに車内にカギを置きっぱなしにしていないか確認を怠り閉じ込みをしてしまうのです。

最後によくあるパターンが目的地・駐車場所・電話など、何かを探していた場合です。 目的地を探す時に車内から目印を探すのに苦労することがあります、そのため一度目印を探すために、 車外に出るときはエンジンをかけたままにしておくことが多くこのような時に閉じ込みをしてしまいがちです。 また、電話なども路肩などに止めてついつい車外に出てしまうと、電話に気を取られそのまま、 ドアを閉めてしまい閉じ込みをしてしまうと言ったこともよくある閉じ込みパターンの一つです。

一連動作の中断

キーの閉じ込みの要因の大半は一連動作の中断によるものです。これらなどの原因をまとめヒューマンエラー、すなわち人間の動作のミスにあります。
主な原因に、持ち出す荷物があったり、手がふさがっていたり、車外に出るまでに何か用事をしたりと、キーを車外に持ち出すという最重要項目の前に何かをしていることがあります。手がふさがっていたりすると手に持っているものに意識が誘導されやすくなるので、うっかり車の中に忘れてしまいそのまま鍵をかけてしまうのです。これらを防ぐには必ずキーをつかい開錠、施錠外から行う癖をつけるなど便利な機能に頼らないということが一つ挙げられます。またスペアキーを携帯したり、車外の分からないところにスペアキーを隠すなどといった方法もあります。
これらは車の進化による影響もあります。以前はキーを使わなければドアの施錠は行えませんでしたが、最近ではボタン一つで開錠、施錠が出来るようになりました。この背景にはキーを使わなくてもロックできる、という感覚を抱きやすくなります。それゆえにキーの必要性が薄れていき、とじ込みをしてしまうこともあります。最近ではキーのとじ込みを音声などで知らせてくれる車も出てきているので、そういった仕様の車を選ぶのも一つの手です。

よくある閉じ込み理由

最近ではリモコンロックやスマートキーのおかげで少なくなってきたカギの閉じ込みですが、 カギを差し込んでエンジンをかけるタイプであれば、まだまだしてしまう可能性があります。 これらの事故はどう言う理由で起きるのでしょうか。

まず、カギを車内に閉じ込めてしまうのはカギが車内にある理由がある時に起き易くなります。 つまり、エンジンをかけたままで何らかの理由で車外に出た時などに起こりやすいのです。

例えば、運転中に携帯電話がかかってきて路肩に寄せて電話に出るとします。 この際にわざわざエンジンを切る人は少ないでしょう。そして、電話が長引くにつれて、 車内にいることが窮屈になり、何かの弾みで車外に出たときに無意識のうちに、 ドアを施錠してしめてしまうことで、カギが車内に閉じ込められてしまうと言うことがあるのです。 これは最近に限ったことではなく、一昔前の公衆電話からかけていた時代からある事故で、 ついつい2-3分で終わる話だからとエンジンをかけたまま車外に出て、そのままカギをかけてしまった、 なんてことはよくある話でした。

また、もう一つ良くある理由としては目的地を探していると時に目的地の目印となるものを探すため、 車外に出た時に思わず、ドアをロックして閉めてしまいカギが閉じ込められてしまった。 このようなパターンも良くある状況のひとつです。

 

 
ガリバー 評判